協会の活動

 一般社団法人としての当協会は、輸入医薬品の安全性及び品質確保並びに安定供給を確保し、会員各社の医薬品輸入事業を支援することを目的とした社団法人です。

 輸入医薬品の安全性及び品質確保のために、「厚生労働大臣登録試験検査機関」の登録を受けた試験所を会員が信頼して利用出来るよう運営し、また会員に薬事法の研修及び講習会並びに説明会等を実施して、公衆衛生の向上に寄与するために次の委員会を設置して、海外から優良な医薬品原薬及び中間体等の安定的な輸入を通して薬業界の発展に活動しております。

【総務委員会】

 当協会の組織運営、財務等に関する事業全般について検討し、協会活動に必要な施策の企画立案を行っています。

【試験所運営委員会・大阪試験所運営委員会】

 輸入医薬品の安全性及び品質確保のため、試験精度及び技術の向上と迅速化に向けて常に最新の設備を備え会員の期待に応えています。

 現在、当協会の東京・大阪の試験所は、会員の「医薬品の外部試験検査機関」並びに医薬品製造業者及び製造販売業者が利用できる「厚生労働大臣の登録試験検査機関」として、「医薬品の試験検査機関における試験検査の実施の基準」及び「医薬品及び医薬部外品の製造管理及び品質管理の基準(GMP)」に対応した設備を運営し、輸入医薬品等の試験検査を実施しています。

【法規委員会】

 薬事法の遵法と理解を図るため会員向けに講習会並びに説明会等を実施し、外国製造業者へは日本の薬事制度を理解しGMPに適合する医薬品を安定的に供給出来るよう法令・通知等を英訳して周知を図り、国際展示会等のセミナー等において英語又は中国語等で説明会を企画し啓蒙活動を行っています。

 法規に係る問題点については関係当局及び諸団体と協議又は提言をし、その情報を速やかに会員に伝達しています。

【関税調査会】

 会員各社が取り扱う医薬品の輸入制度及び医薬品原薬並びに中間体の関税撤廃や軽減を目的に調査・研究し、関係当局との協議を行い医薬品の円滑な輸入促進に寄与しています。

【国際・広報委員会】

 協会の活動状況を広く内外の薬業界その他に広報するため、インターネットの当協会のホームページ等を媒体として企画・管理を行い発信しています。また、国際展示会等でのセミナー及び広報活動等を企画立案し、ホームページの英語サイトを通じて海外に薬務行政等の広報等、会員各社と協力して薬業界の発展向上を図るべく活動をしています。

【安定供給対策委員会】

外国製造業者から輸入業者を経由して製造販売業者に至る流通上の諸問題について検討し、解決を図るための活動をしています。